すすきのの風俗店の求人情報によってブランド物がある生活に!?

7月 14 2014

すすきのの風俗の求人情報サイトで本格的にお仕事探しを始める前に・・・

風俗業で働きたいと思ったことがある方もいると思う。私もその中のひとりだ。20歳過ぎたあたりで金に困り、日払いの仕事を探していたところ行き当たったのが風俗業の仕事だった。結局風俗業には就かなかったが、現在は風俗業も含め一般職でリクルート支援をしているため、入社に際しての話などが聞き出せる環境にある。

【風俗業を目指す動機とは?】前述したように、1つの動機として「稼ぎたい」ということが当てはまるだろう。正社員雇用であれば、1日1万円までの日払い対応もしてくれる会社もある。ただし、破産宣告者は基本的に法律によって、就業不可能だ。そこの部分は会社のレファレンスによるが、ほぼ無理だと考えていいだろう。

「女の子」と仲良くなりたい。何も知識がない段階で言えば、「あわよくば・・・」という動機を持っている人もいると思う。しかし、鉄の掟として「従業員に手を出さない」という旨の誓約書を入社の際に書かされる会社もある。破った場合は「東京湾行き」であることを肝に銘じておこう。

「就職口がないから」ある程度年齢を重ねてしまってからリストラにあったり、体調不良で退職してしまった人としては正社員雇用を年齢・学歴問わずしてくれる風俗業は最後の砦である。私の知っている限りではリクルートをしていた50間際の男性が都内の風俗業に転職を決めた。

真面目に働きたいと考えている人であれば、年齢問わず熱意を伝えることで就職することが可能になるだろう。

Written by CREPUSCULO-PERU


コメントを残す